熟女おばさんのHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさんのHな体験談 TOP  >  出会い系体験談 >  主婦が出会い系で恋をする

主婦が出会い系で恋をする

出会い系で恋しちゃいました


夫は仕事が忙しく、毎日残業で疲れて帰って来るし、休日はほとんど家で寝ているかゴロゴロしています。
結婚5年目ですでに夫とはセックスレス状態になっています。
まだ30代前半なのにかなり寂しい夫婦生活です。


まだ子どもがいれば子育てで気が紛れますが、セックスレスでは子作りもできません。
先日、久しぶりに仲のいい奥さんたち3人とファミレスでランチしたときにそういう話題になったんですが、
『まだ子どもいないんだし、若いんだから遊べばいいのに…そんな旦那さんじゃ、セックスレスのまま死んじゃいそうだしね!!笑』
などいろいろ言われ、確かにと納得してしまいました。

その奥さんも旦那さんとはセックスレスだけど、セフレが2人もいるそうで「女」として充実してるみたいなんです。
もうひとりの奥さんも結婚してから、何度か浮気したことあるらしいんです。
結婚しててもみんな積極的だなとある意味感心しっぱなしでした。

だいたい知り合うのは出会い系サイトでその奥さんが聞いてもいないのに私にサイト名を教えくれたんです。
家に帰って来て気になったのでさっそく教えてもらったサイトに登録してみました。
PRというのがあるんですが、けっこう入力する項目がいっぱいあって戸惑いました。

あんまり嘘書くのも嫌なので、なるべく正直に書いてどうにかこうにか登録完了。
コメント欄に『既婚者ですが、夫ではトキメキがなくなっちゃったので登録しました。恋人のようにラブラブなデートしてくれる方探してます。よかったらメールお願いします。』と書き込んでみました。

さすがに写真の登録はしませんでしたが、これでメールもらえるのかしら?とちょっと半信半疑でした。
でも30分もしないうちに2人からメールが来ました。
ひとりは51才既婚者で不倫目的の男性、もうひとりは27才の独身男性で一緒に遊べる女性を探してるという目的でした。

さすがに2人と付き合う器量はないので、年下だったけど27才の男性に返信メールしました。
27才の男性は“和也”というニックネームでインターネットのデザイン会社に勤務しているとのこと。
まだ結婚する気はないけど、ちょうど彼女もいないので寂しいとのこと。

セックスが目的というより、心の隙間を埋めたい、そして楽しい時間を共有できる女性と知り合いたいとのことでした。
それから毎日、和也くんとメールするようになり、ちょうど5日ほど経ったときどちらからともなく会ってみようか!?って話になってデートすることになりました。
その日のうちにすぐにデートの日時は決まりました。

3日後のデート当日まで、怖いような嬉しいような、こんなドキドキした感覚は久しぶりでずっと落ち着かない日々を過ごしました。
そしていよいよデート当日、待ち合わせは19時です。
待ち合わせ場所に行くとすでに和也くんはいました。

和也くんは背も高くて、年齢よりぜんぜん若く見えたので、こんなおばさんでいいのかな?ってちょっと気後れしちゃいました。
軽く挨拶をしてから、イタリアンカフェにエスコートしてくれて、そこでお食事しながらいろいろお話しました。
すごい話題も豊富だし、緊張している私の気を遣ってくれて、久しぶりにおもてなししてもらってちょっとお姫様気分になれました。

私がワインを飲み干すと、出ましょうか?と…。
時計を見るとまだ20時半。
帰るにはちょっと早いけど、最初だからこんな感じかな?って思って歩いてたら、いつの間にかラブホテル街に…。

そしてら急に和也くんは私の手を握って来て、
「もうちょっと、紗江さんのこと知りたいなぁ」
なんてちょっと甘えた声で言うんです。

もうそんなこと言われたことないし、体が熱くなっちゃって、
「終電で帰してね」
って言っちゃいました。

久々のラブホテルです。
恥ずかしかったけど、和也くんと一緒にお風呂入って洗いっこしたり、ベッドではいっぱいキスしました。
そして、ほとんど舐めてくれない旦那と違って、優しく全身を愛撫してくれました。

それもアソコは時間を掛けてゆっくり焦らすように舐めてくれて、恥ずかしいけどクンニでイッてしまいました。
私もお礼に和也くんのおちんちんを舐めてあげました。
すごい元気になっちゃってて、私の口の中で何度もピクン、ピクンと脈打ってました。

そして、お互いひとつに繋がって、これ以上ないほど感じてしまい、和也くんがイクまでに私は何度もイッてしまいました。
和也くんはどう思ったかわからないけど、私は体の相性はバッチリだしテクニックも上手いし、こんなにセックスって気持ちよかったんだって再認識してしまいました。
それからまた一緒にシャワー浴びて、スマホのアドレスと電話番号交換してホテルを出ました。

帰り際に私も思ってたんだけど、
「紗江さん、俺とまた会ってくれますか?」
って聞かれたから、
「年上のおばさんでいいの?いいなら私も和也くんと会いたいな」
って言っちゃいました。

言った後、照れ臭かったけど、和也くんが頬にチュってしてくれて、胸がキュ~って締めつけられるほどドキドキしてしまいました。
それから和也くんとは時間を作ってはデートしています。
もちろんセックスも…。

和也くんと知り合ってから和也くん好みの髪型にもしてお洋服も和也くん好みにしたり、「女」として毎日充実して幸せです。
夫に対する罪悪感がまったくない自分がちょっと怖いです。
関連記事
Yahoo!ブックマークに登録
[ 2017/07/16 00:38 ] 出会い系体験談 |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。

メールフォーム